色々なドライオーガズムのやり方・方法まとめ記事一覧

亀頭責めでドライオーガズムするやり方・方法についてですが、まずここでは、「潮吹き」とドライオーガズムは別として考えています。潮吹きであれば、射精した後にひたすら亀頭を刺激するだけで可能ですが、ドライオーガズムはそうではありません。ちなみにドライオーガズムを詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみて下さい。・ドライオーガズムとは? ※やさしくわかりやすく説明してみた亀頭責めでドライオーガズムを体験...

乳首責めだけでドライオーガズムを体験することは不可能ではありませんが、亀頭責め同様、経験値を高めなければ難しいと言えるでしょう。乳首は男女に関わらず、末梢神経が集中しているので性感帯になりやすく、女性は乳首責めだけでオーガズムを感じることもあるので、男性でもドライオーガズムを経験するのはけっして不可能ではないのです。というわけで、ここでは乳首でドライオーガズムを体感するやり方・方法を紹介したいと思...

会陰部ドライは、前立腺で体感できてから挑戦するとスムーズになる!会陰部とは、肛門から陰嚢(金玉袋)までの間の部分を指す言葉で、古くから性行為の愛撫に最適の部位として知られ、日本では「蟻の戸渡り」などと呼ばれていました。つまり「蟻が列を成して渡るくらい狭いところ」という意味と、「蟻が歩くほどの刺激で絶頂に達することができる」というダブルミーニングが込められていたわけですね。会陰部を触れば分かるように...

ドライオーガズムを体験するための方法はひとつではなく、また確実に体験できる方法も確立されていません。それだけにドライオーガズム開拓者たちは、あらゆる方法にチャレンジしていますが、低周波刺激もそのチャレンジ精神から生まれた方法のひとつです。低周波は元々、身体のコリや疲れを治療する機器として開発されています。身体にプラス極とマイナス極を貼り付け、低周波(1200Hzぐらいまで)の電流を身体に流すことに...

マルチプルオーガズムとは、絶頂を1回だけでなく、何度も繰り返すことです。ペニスオナニーは1回射精してしまうと、その後は性欲がまったく湧かなくなる「賢者タイム」がありますが、マルチプルオーガズムを習得すると、この「賢者タイム」がなく、何度も絶頂感を味わうことができます。ペニスオナニー型のマルチプルオーガズムは、あくまで擬似射精という絶頂感に留まります。しかしドライオーガズムのマルチプルは、女性と同じ...